2022年の1月のから1ヶ月前後に追加された文学・評論のジャンル
「小説、文芸、エッセー、随筆、詩歌、評論、文学研究」
ジャンルの作品296、作品によってはUnlimitedの対象から外された作品もあります。

細田守さんの映画の「未来のミライ」の小説が読めますよ。
細田守さんの映画の小説は定期的に読めるようになるのでこれを機会にどうぞ。
 
小林章夫さんの「漱石の「不愉快」 英文学研究と文明開化」
夏目漱石は2年間のイギリス留学へと旅立った。しかしこの留学生活は、後に「ロンドンに住み暮らしたる2年はもっとも不愉快の2年なり」とあらすじに書かれている、実際問題夏目漱石はイギリスで自分の英語があまりに通じず、生活も合わなかったことからのような気がするのだけど…。
あと、ミヒャエル・エンデの「モモ」があるけど、読み切った人はどれだけいるのだろうか。

ここに取り上げた作品は一部です。他の作品は下のリンクからどうぞ。

kindleUnlimitedで40,000冊以上ある現在読める文学・評論の本

1月に読み放題に追加された文学・評論の知識の追加タイトル

sss

震える教室 (角川文庫)
近藤 史恵 (著)

未来のミライ(角川つばさ文庫)
細田 守 (著), 染谷 みのる (著)

コロナ禍と学校
網代 栄 (著)

蛙のゴム靴 (角川文庫)
宮沢 賢治 (著)

新世紀のビッグブラザーへ
三橋貴明 (著)

追憶映画館 テアトル茜橋の奇跡 (PHP文芸文庫)
伴 一彦 (著)

さよなら僕らのスツールハウス (角川文庫)
岡崎 琢磨 (著)

漱石の「不愉快」 英文学研究と文明開化 (PHP新書)
小林 章夫 (著)

夏の探偵は学生しかしない (徳間文庫)
山本豪志 (著)

おばさん百科 (毎日新聞出版)
小川 有里 (著)

あの頃 東ドイツの片隅で
吉田 和彦 (著)

モモ (岩波少年文庫)
ミヒャエル・エンデ (著), 大島 かおり (著)

僕の人生には事件が起きない
岩井勇気 (著)

知的生産の技術 (岩波新書)
梅棹 忠夫 (著)

星の王子さま (岩波少年文庫)
サン=テグジュペリ (著), 内藤 濯 (著)

無貌の神 (角川文庫)
恒川 光太郎 (著)

蘇る日越史 仏印ベトナム物語の一〇〇年
安間 幸甫 (著)

動物農場 (角川文庫)
ジョージ・オーウェル (著), 高畠 文夫 (著)

お江戸やすらぎ飯 (角川文庫)
鷹井 伶 (著), 文芸工房シェルパ (編集)

大帝の剣 1 (角川文庫)
夢枕 獏 (著)

鹿の王 1 (角川つばさ文庫)
上橋 菜穂子 (著), HACCAN (著)